クダンノゴトシ 2巻のネタバ感想

⇒ 無料試し読みはこちら


 

【最初の件は千鶴の父親だった・・・!】

突然千鶴にナイフを突きつけられて驚く光。そりゃそうだw

けど、それ以上に驚く事が・・・何と、光達が見たあの件の顔が実は千鶴の父親であったと言うんだから、それはもうぶったまげるしかないよね!

私もぶったまげたww

まさかそんなに身近な人物とは(^^;)

驚くのはそれだけじゃない、父親が自殺した原因が実は光自身にあったらしい・・・!

もちろん光本人はそんな事全く知らないで千鶴と付き合ってたんだけど、千鶴はずっと光に復讐する為に付き纏ってたとか・・・凄い執念(-▽-;)

でも、いつの間にか父親の復讐より光の事が本当に好きになってて、それだけ光が辰巳の言う通りいい奴だったって事だよね(;▽;)エエ話や。

・・・なのに、元々死にたかった光がいきなり千鶴のナイフを奪って、自らの腹を刺してしまった・・・!

その衝動で土崖を勢い良く転げ落ちた光と千鶴。

更に上から大量に流れてくる土で埋もれてしまって・・・二人は無事なの!?

 

【辰巳を失ったあゆみがとった行動】

辰巳を失ったあゆみが残された時間でとった行動は、辰巳の両親と辰巳の事を語り明かす事だった。やだ、いじらしい・・・><

辰巳の幼い頃のアルバムも沢山見て、俊介という親友も居た事も知れて、辰巳の部屋で満足そうに彼のサッカーボールをいじるあゆみ。

が、投げたボールが天井に当たった拍子に、屋根裏からとんでもない物が落ちてきた・・・っ!

――・・・え、何で呪いの藁人形がこんな所に(=◇=;)

 

それと一緒に落ちてきた日記には、あんなにも明るい辰巳が親友と聞いていた俊介にずっといじめられてて、俊介を憎んでいた事が記されてて――って事はこの藁人形は俊介か・・・っ!

全てを知ったあゆみは残り少ない時間である行動に出る・・・

ここからちょっと切ない(-o-;)

 

【件の死の連鎖に抗うあゆみ達】

出血多量で土に埋まってた光達が死ななかった事を知った橘教授が、ある策を講じるんだけど、それはあゆみの臓器を全て摘出して冷凍保存するという荒業!Σ(゜Д゜;)

そ、そんな事できるの!?

不死身だと言うなら、期日内に人間の手で強制的に死なせて死の連鎖を止める。それができたら直ちに蘇生手術をしてあゆみを助ける・・・ってそんな事可能なのかな!?可能なら今の医学って凄すぎ(-∀-;)

・・・でも、技術的には上手くいくはずだったのに手術は何故か失敗・・・結局あゆみは死んでしまって(;_;)

恐るべし件・・・こんな所まで妨害してくるとか><

 

【密室に現れた件】

教授が用意した密室に何故か生き残った光達が閉じ込められて。

何がしたいんだろうと思ったら、物理的に侵入不可能な密室に件は現れるのか。

監視カメラをセットして観察するらしいんだけど、所構わず現れてる件にそんな密室とか無意味だろうに^^;

案の定、件は何と教授に扮して光達の前に現れて、ご丁寧に彼らは何の順番で死んで、次に死の宣告を受けるのは誰なのか教えてくれて(-_-)

とどめを刺される直前の「雨ガ降ル」が一体何なのかこの時まで疑問だったんだけど、成程そういう事か!

その時点でもう、光達がどう足掻いたところで件の手の平の上で転がされてたって事ね・・・orz

そして件はあゆみの姿に変えたかと思うと、「コノナカニイル、ノロワレタヒトリガ、ミツケテトメテ」っていう謎な言葉を残していったんだけど・・・呪われた一人って何だろう!?

このメンバーの中に普通の人間じゃない異端者が居るって事?

なんて考えてる間もなく、その直後千鶴の身にととんでもない事が起きていた・・・ッ!!

 

⇒ クダンノゴトシ 3巻のネタバ感想

 

クダンとは?作品の魅力。

クダンノゴトシのクダンは「件」と言って、日本の妖怪がモデルになってるんだけど、件を知ってる人は凄い魅力的な作品だと思う・・・!

死を予言するクダン、呪いなのかそれとも何か深い理由があるのか謎だらけですが・・・

読んでいて凄く面白くて、久しぶりにドキドキして一気に読んだ作品です。

これは、絶対実写化になると思います。

「クダンノゴトシ」は無料で試し読みができるので、是非読んでみてくださいね。

 

⇒ 無料試し読みはこちら

※「クダンノゴトシ」で検索が必要です。m(_ _)m

 

⇒ PCの方はこちら